マッチングアプリがアフィリエイトでおすすめな理由!

マッチングアプリがアフィリエイト市場として非常に熱くなっています。

何故、今これだけ熱くなってきているのか、
そして、
何故今アフィリエイターがマッチングアプリに参入したほうが良いのか

今回はそのおすすめの理由を解説していきます。

マッチングアプリの市場とは

このマッチングアプリですが、このマッチングアプリの市場がどういう特徴とか特性があるのかというのを簡単に解説していきます。

マッチングアプリの市場ですが、特徴として色々とあるんですけれども、
アフィリエイター目線から見た場合、このマッチングアプリのジャンルが、まず第一に、現時点においてです。2021年の10月時点において、YMYLのジャンル外になっている。
だからこそ、攻めやすい市場として注目されています。

そして、このマッチングアプリの市場は今現在、市場規模がどんどん、どんどん広がっている最中です。

その背景として、何故なのか?

安い婚活手段として定着しつつあるということが大きな要因となっております。

いわゆる、婚活サイトとかの場合、結婚相談所とかであれば、入会金にウン十万円、月額会費にウン万円。
そして、退会した時の成婚費用としてウン十万円っていう形になっていくので、もう最初から婚活の段階で2,30万円くらい覚悟する必要があります。

でも、そこまでのお金は払いたくはないなぁ。
と、思っている時にこのマッチングアプリという新たな需要が生まれつつある。
そういう時代背景が生まれてきています。

一昔前の出会い系サイトみたいなところから、マッチングアプリの市場というのは一線抜けつつあるのが、このマッチングアプリの市場です。

なので、このアフィリエイト市場から考えていった場合、現在のマッチングアプリのこの盛況ぶりを考えていけば、今後、2年から3年くらいは、個人のアフィリエイターとしても、攻めて行く分には、なかなか面白い市場となっていることの理由です。

特に、今までのペラサイトの量産とか小規模サイトの量産っていうのをやってきて、だいぶ疲れてきている方たちもいると思います。
なんでその時にじゃあ、コンテンツSEOをやろうと思っても
「まぁ結構ジャンル厳しいしな。難しいしな。どうしようかなぁ」
と思ってる人、結構いると思うのですが、
その時において、マッチングアプリ・・・
人に合う合わないはあるかもしれませんが、コンテンツSEOとして挑戦するのであれば、今一番上位掲載を狙えるジャンルです。

しかもPPC広告やツイッターメディア、インスタメディアなどとの相性も良いジャンルなのでSEOメディア以外にも熱いジャンルとなっております。

ちなみになんですが、このマッチングアプリの市場は上記でもお話した通り、市場拡大のスピードが半端なく早いです。

これから先の売り上げの市場規模予測なんですが、
2025年の段階で約1,000億円くらいになるであろうという予測がたっています。

またアプリの各登録数・会員数においてはペアーズで会員登録数が1,000万人を突破しているという報告が、自社の報告によるものですがあります。

累計会員数なのかわかんないにしても、実際にこれだけの統計が出ているっていう事を考えていけば、アフィリエイターが参入していく余地って言うのは十分あるんじゃないのかなと言えるわけですね。

マッチングアプリの市場って言うのが1,000億円を突破しようとしている。

じゃあ、この1,000億円の市場っていうのがどれくらいの規模として素晴らしいものなのか、ものすごく大きい市場として広がりつつあるのか?

わかりやすい比較対象としてクラウドソーシングの市場であれば約1,000億円程度。
フリーランスのかたが利用している有名なランサーズとか、クラウドワークス。
このようなクラウドソーシングジャンルの市場規模というのが広がりつつあります。

また、国内のユーチューバー市場というのが2022年の予測ですが、579億円だと言われています。

このあたりの数字が、今後どういう風に変化していくのかというのは、保証はできないですが、このように考えれば、マッチングアプリの市場というのは、非常に魅力のある大きさだということがわかると思います。

市場規模の大きさであるとか、これから今日解説していく攻略キーワードが豊富であること、そしてYMYLのジャンルから綺麗に外れている事、そういう事をから考えていっても今後のマッチングアプリの攻略って言うのは非常に面白いかと思いますので、今回は、このマッチングアプリがなぜ面白いのか、なぜお勧めしたいのか、そのあたりの理由を、より詳しくお話をしていけたらと思っております。

マッチングアプリおすすめな理由①キーワードが広すぎる

まず一つ目が
マッチングアプリをお勧めしたい理由その1としてキーワード。

これがもの凄く広いです。

デカすぎると言ってもいいぐらい、あらゆるキーワードが隠れています。
そういう所があるからこそ、マッチングアプリという市場を大注目しております。

例えば、通常のアフィリエイト案件とかアフィリエイトの市場は、どのような方法でキーワードが選定されているのかというのをまず紹介したいと思います。

例えば、青汁という案件、青汁市場を攻めて行こうという事をします。

まずっ最初に青汁市場のその商品名を調べていきます。

色々な青汁の名前が、大量にあると思うのですが、その商品名に対して何を掛け合わせるのかと言うと、商標サジェストです。
具体的には、商品名プラス価格。
とか、
商品名プラス値段、口コミ、評判、飲み方、味、効果、などの商標サジェストを組み合わせていって、ペラサイトの量産であるとか小規模サイト。

もうちょっと狙いたい人は、コンテンツSEOてものに視野を広げていく・・・

これが、普通のキーワードの選定方法だとおもいます。

また脱毛とか、エステサロンの場合は、

どのような脱毛市場に入ろうとするか、キーワード選定しようするかと、するかと考えていた場合、まずやるべきことは、
脱毛の部位で、キーワード選定するか、有名どころの脱毛サロン。そこの名前プラスサジェストキーワードで勝負をかけていく。

だいたい、この脱毛市場はこういうキーワードの選定以外に戦い方がないんですよね。
具体的にサジェストキーワードが、どういうものがありますかって、聞かれたら全身脱毛とか、サロン名プラス料金。何々サロン、効果、口コミ予約回数ですね。

青汁とは違うキーワードは出て来てはいますが、結局こういう青汁とか脱毛とかのジャンルの場合、ビッグキーワードがものすごく限られてきます。

青汁という市場を攻めようと思うと、青汁というビッグキーワードから外れる事が出来ないんです。

脱毛も同じで、VIO脱毛でもいいし、脇脱毛でも髭脱毛で、結局は『脱毛』って言うキーワードから抜ける事が出来ないんです。
※毛だけに・・・
通常のキーワードの戦略、通常のアフィリエイト市場を攻めて行こうとすると、ビッグキーワードの数が少ないせいで、与えられている市場が決まってしまいます。

その結果、強豪が非常に多く集まりやすくなっていって、今現在ですね、有名な市場であるとか、有名な案件であるほど、法人サイトの参入が激しく個人のアフィリエイターが非常に厳しい戦いになっています。

実際に僕もキャッシングアフィリエイトをやっていましたが、2018年の前と後ろではだいぶSEOの戦い方が変わったという印象があります。

そして、有名企業が参入してくるような市場、そして、キーワードが限られているような市場というのはこういうような、強豪が起きやすくなっていて、あとは力勝負になってしまえば個人のアフィリエイターは戦いづらくなります。

なので、今のアフィリエイト市場が個人にとってはちょっと息苦しいなぁ。
とかコンテンツSEOをやろうとすると何かしんどいよなぁ

と思ってしまう原因になってしまいます。

一方で、のマッチングアプリの場合、一体どういう現象が起きているのかというのをお話したいと思います。

例えば、マッチングアプリ・婚活とか、攻めることが出来るキーワード一覧としてあげていくと。
マッチングアプリに誘導していこうと思うと、相性のいいキーワードとして
『出会い系』とか『マッチング』とか『パパ活』『ママ活』、『婚活』、あとは、ちょっと言葉では、記事ではかけないアングラなキーワードとかもありますよね。

そういうキーワードを使っていけば、マッチングアプリって言うのは、非常に誘導しやすいわけです。

つまりビッグキーワードの時点でこれだけの球があるっていうことです。
せいぜい、キャッシング案件とかでもカードローン、消費者金融、キャッシング即日融資ぐらいですが、それぐらいのビッグキーワードをとサジェストキーワードとかで勝負していくのです。

一方、マッチングアプリの場合、パッと思いつくだけで、これだけの主要キーワードが出せるので、かなり裾野が広いです。

ここに、プラスαしてなんですが、キャッシングとかカードローンとかよりもサービス名が非常に多いんです。
代表的なサービス名を上げようとしても「ペアーズ」とか「ディンダー」「タップル」「ダイン」「YYC」他には「ハッピーメール」「Jメール」、「いきなりデート」とか、色んな探せばいくらでも、マッチング系出会い系のサービス名って言うのは、出てきます。

この数って言うのは、恐らくキャッシングジャンルより多いはずです。
そういうことを考えていけば、このマッチング市場のサービス名って言うのは、ドンドンドンドンキーワードが出てきやすいのす。

で、ここにさらになんですが、どういうサジェストキーワードを組み合わせていったらいいのか、ここもかなり広いです。
他の案件とかであれば、もう狙い目のキーワードとかって、ある程度分かってはいるのですが、そこにやっぱり集中しちゃうです。
けれども、このマッチングアプリとか、マッチング関連のキーワードと言うのは非常に他のキーワードでも攻め込みやすいものが多いです。

例えばですけれども『おすすめ』『比較』『無料』『写真』これプロフィール写真の撮り方とかですね。
『自己紹介』他には『初デート』とか『LINE交換の方法』『メッセージで釣れるコツ』後は、『出会うまでの流れ」とかですね。
他にも色々なキーワードが出てきます。
他の市場とかと比較するといくらでもキーワードを捻りだす事が出来る市場です。

これ、他のアフィリエイト市場にはなかなか見つからなかった、かなり画期的な市場なんです。
唯一あるとすれば、車査定案件とかであれば、車種ほど、車種名とか年式とかによって、いっぱい出せますよ。
みたいなものは一時期あったんですけれども、昨今のコアアップデートであるとかリスティングでゴリゴリ攻めてくる法人アフィリエイターが出て来て、結構そんな戦い方も厳しくなってきたんですよ。
けれども、マッチングアプリの場合、思いつくだけキーワードが出せますし、思わぬロングテールキーワードって言うのを広げるチャンスもありますので、そういう事を考えていくとこのマッチングアプリの市場の色んなキーワードって言うのは、かなり、個人アフィリエイターでも戦いやすい市場じゃないのかなって僕は個人的に感じています。

何故、これだけキーワードの多さって言うのをが有利なのか、面白い理由になるのか、と言えば、簡単に言えたキーワードが広くなるほど、ライバルが分散するからです。

個人のアフィリエイターとしてはこのような、色んなキーワードをひねり出せる事が出来るって言う事は、コンテンツSEOが初めてっていう初心者であったとしてもワンチャン狙っていきやすい市場である可能性が、非常に高いって言う事なのです。

こう言う事を考えていくとキーワードが広い市場であればあるほど、記事を作っていくのに苦労しない。
と、言うのもありますが、ライバルが分散しやすいというのがあります。
そして、作り立てのコンテンツSEOでも思わぬラッキーパンチで当たる可能性を秘めている。
そういう事を考えていくと、マッチングアプリの市場は、面白いと考えているという事ですね。

マッチングアプリおすすめな理由②複数登録が狙える

じゃあ、その次ですね。マッチングアプリがおすすめな理由その2として、複数登録による報酬発生。
ちょっと紹介したいと思います。

例えばですね。僕が主力でやっていたカードローンの案件。
これもやろうと思えば、複数の登録ってのは出来るんですね。

例えば、モビットを申し込ませておいてプロミスを申し込ませるみたいな複数の登録って言うのは出来るのですけれども。
こう言うカードローン関係とかの金融関係で複数登録を強くプッシュしてしまうと、どういう現象が起こるのか・・・。
例えば、カードローンとかの場合、複数の案件を申し込ませてしまうと、一体どういう現状が起きるのかっていうと、申し込みブラックって言う現象が起きてしまって、「多重債務者の一歩手前じゃね?」っていうものが、信用情報の方に傷がつくんです。 そういう事になった結果、審査落ちしやすくなっていくんです。
厳密にはですね。1日に3件くらい同時に申し込むと大体4件目くらいからは機械的に審査に落とされるようになっていきます。
これが申し込みブラックの仕組みですが、詳しくは、興味ある人は、調べてみて下さい。

こう言う、審査落ち・複数の申し込みって言うのを推奨した結果、アフィリエイトサイトの方で審査に落ちていくと、結果アフィリエイターはどう言う被害を被るのかと言うと、折角申し込んでも非承認になりやすいんですよね。
当たり前ですけれどもカードローン申し込ませて、そこで契約が成立しないと、向こうの広告主は、キャッシュが発生しないですよね。
という事は、発生しないんだったら、アフィリエイト報酬も払いようがないですよね。
という形で、非承認になって返ってくるので、あんまりよろしい現象ではないんですよね。

で、一方ですね、このマッチングアプリだと一体どういう現象になるのかっていうと、マッチングアプリの場合、複数登録を推奨したところで特に問題はないです。
何かの信用情報の審査とかも発生しないですし、本人が申し込んで正式に会員登録を無事に最後まで完了させてしまえば、別にその日の内に何十件何百件申し込んで、登録完了させようが特に問題はないんですよね。

という事は、他の案件と比較してなんですが、報酬を拡大させるチャンスが高いという事なんですよ。
実際問題考えていくと、複数のマッチングアプリを「どうぞ登録してください」って言って動くかと言われたらなかなか難しいところはありますけれども、僕らの方からそういうものをプッシュ出来るって言うのが、ちょっとユニークな所なんです。

何で、通常の案件であれば、複数社への申し込みって言うのが非常にやりにくいんですよ。
「青汁どうぞ!ここ3つ同時に申し込んで飲み比べしてみて下さい!」って言って誰が申し込む?って話なんですよね。
「引っ越しの一括見積を複数申し込んだら色んなところで申し込めますよ」で、だれが申し込む?って話なんです。「一括なんだから、そこでやっても一緒でしょ」って話になっちゃうんです。
でも、マッチングアプリであれば、「ここの年代層」と「ここの年代層」とか自分で探せば行けまっせ!という事が言えるんですね。ここが面白い所なんですよね。

マッチングアプリであれば、アフィリエイトサイトの誘導方法のやり方次第で、複数申し込みって言うのが狙いやすくなっていく。
ここが、結構面白い所としてあるんじゃないのかなと思ってるんです。

(参考)複数登録への誘導事例

じゃあ、例えばですね。
複数登録をしていくときの誘導事例ですね。
まぁ、ちょっとサイトの文章を適当にさっき作ったんで、ちょっと事例として紹介したいなぁ。と、思うんですけれども。

まぁ、例えばですね。
何か、マッチングアプリを検討している人がいて、そこの僕が作ったサイトに訪問したとしましょう。
この時に僕が、複数登録を申し込ませるような文章を書きなさいよ。って言われた時に、どうやって誘導すんのかって、ちょっと紹介したいなと思います。

まぁ、これはあくまで一例で適当に作った文章なんで、あまり完成度は高くないんですけれども、一回読んでみますね。

-------------------------------------
もしも、あなたに最適なマッチングアプリを探しているのなら、最初に思い切って複数登録する方法がお勧めです。
と言うのも、複数登録すれば各アプリの使い勝手や雰囲気がよく分かって、あなたにあったアプリを簡単に選ぶことが出来るからです。
まずは、無料期間を利用して、次におすすめする3つのアプリを今すぐ登録してくださいね。必ずあなたに最適なアプリが見つかりますよ。
『アフィリエイトリンク』ドン!
-------------------------------------

ですね。

まぁ、このやり方が、適切かどうか、社会的にいいとしてどうなのかって言うのはちょっと別に置いといて、マッチングアプリの場合こう言う誘導の仕方をしたところで広告主からは、特に怒られないって言うのが非常にいいところなんですよね。

余談なんですけれども、こういう文章の書き方をしていくのが、いわゆる情弱ビジネス方の記事の書き方ですね。
よくよく考えてもらいたいんですけれども、1個のアプリでちゃんと丁寧に使い込んでいった方が、マッチングできる確率なんて高くなっていくんですよ。
ある程度、慣れたらプロフィール写真の書き方とか、写真を超カッコイイ写真1枚撮れたのであれば、それを使いまわしていってやっていけば、コンタクト撮れる確率は広がっていくんですけれども、月額会費めっちゃかかるじゃないですか。
そういう事を考えていたら、ガチでお勧めしたいあなたにはコレ。あなたにはコレ。って言うのをやって上げた方が、紳士的ではあるんですけれども、アフィリエイターのやるべき事って、そこではないので。
売り上げを伸ばしていこうと思うと、こう言う文章の書き方もやろうと思えば出来るっていうカードを持っていけると言うのが凄くいい所になるんですよね。

なんで話は、反れましたけれども、こう言うマッチングアプリの場合、複数登録のチャンスが、これが狙えること事態が非常に珍しいんですよ。
他のアフィリエイト案件じゃ、なかなか僕は見つかんなかったんで、こう言うチャンスって言うのは思う存分ですね、積極的に狙っていって、1件3,000円とか4,000円くらいだと思いますけれど、それを2件とか3件に伸ばしていけば、1日でそれで1万円とか報酬を発生するようになるので、そういう戦い方を出来るっていうのは、僕はマッチングアプリならではの面白いやり方じゃないのかなと思っております。

マッチングアプリおすすめな理由③もはやインフラ化

じゃ、最後ですね。マッチングアプリを利用する時にお勧めな理由その3として。
もはやですね、マッチングアプリっていうものは、この日本って言う国においては、インフラ化したと言って過言じゃないんじゃないのかなと思って、そのあたりの市場規模の広さって言うのを紹介したいと思います。

まぁ、ここまでですねマッチングアプリについて、色んなお勧めしたい理由とか、あぁだこうだ言ってきましたけれども。
それでもですね。ぼくらおっさん世代からすればですね。マッチングアプリに対して、あまりいいイメージ持ってないと思うんですよ。
代表的なのがですね。「マッチングアプリなんて、昔の出会い系とかと変わんないでしょ」っていう考えを持っている人、結構いると思うんですよ。
僕もそう言う立場でした。でも実際に調べていくとですね。
驚くべきことに今時のマッチングアプリって20代から30代の男女ですね。
5人に1人が利用しているぐらいのサービスになっているんですね。
これぐらいマッチングアプリってのは誰かが利用して、普通の世界に今なっているという事なんですよ。
このマッチングアプリって言うのは、いわゆるエロい事をするためのアプリでは、ちょっともうなくなってきているんですね。
もちろん、その需要もありますし、男であればやっぱりそういう期待を持っている、利用している人たちはいることは事実です。
けれども、今の時代って言うのは、マッチングアプリって言うのは、冒頭で紹介した通り、婚活サイトを利用するには予算が高すぎるから、もうちょっとライトな方法として、出会いから結婚に発展していくような、そういうソフトとして皆注目されつつある。
そう言う時代に変わりつつあると言うのをちょっと知っておいてほしいですね。

まぁ、例えばなんですけれども今時のですね。
アラサー女子と言ったら失礼ですかね。
20半ばから30前半くらいまでの女性の本音って言うのをちょっと考えていってみたら、すぐに分かると思うんですけれども。
今時の20代から30代の女性って、会社に勤めているんですよね。独身女性に限ります。既婚女性、ちょっと外しています。

この場合、どういう本音を抱えているのかって言うと。
「うちの職場って、ぶっちゃけ出会いがないんだよな」
「さえない男ばっかりで、本当嫌になっちゃう」
みたいなことを思ってたりするんです。
また、職場によっては女子しかいないというパターンもありますからね。
他にはですね。
「いや、勤めているし、良さそうな男いるけれども。うちの会社ってすげー薄給だし、ブラックだし、こんな社内にいる男捕まえてもしゃーなかいから外でいい男、捕まえなきゃ!」と、思っている女性いると思います。
他にも「って言うか、社内で噂になるのは面倒臭いんだよなぁ」って思ってる人もいるんですよね。

で、その上で、まぁこれだけ昨今コロナ・コロナって言われたら。「誰も合コン呼んでくれなくなっちゃう」こうなってくると、自分の年齢もあるし、出会いがないし、社内で噂になりたくないし、そもそもテレワークだし!ってなってくると、結構難しいんですよ。出会っていくのが。
それでなんです。かと言って、婚活サイトとかを利用するにしては、「まだ私は若いし、そこまでやるのって、ちょっと気合入りすぎて重いかなー」って言う事を考えたりするわけですよね。

そもそも20代とか30代の子が、いきなり婚活サイトの入会金10万円ボーンてぶち込んで月額会費1万円です。って言われて払い続けられるかって言うと、結構勇気がいるんですよ。
「もう後には引けない!」みたいな。
そこまでの勇気があるかどうかって考えていくと、やっぱり20後半とか30前半の女性たちって、婚活サイトまでは・・・って思っていると思うんですよね。
間違ってたらごめんなさい。
でも、本音のところでは、そうじゃないのかなって言うのを何となく感じるんですよね。

と、言うわけでマッチングアプリを利用している。
これ、今日は女性を紹介しましたけれども、これ、男も一緒なんですよ。
要するに20代から30代の人って、婚活するにはちょっと踏ん切りがつかない。
けれども出会いに飢えている。そう言う男女と言うのはちょっと増加傾向に時代を反映して、結構出てんじゃないのかなと言うのが、僕の個人的な市場の予測ですね。

なんで、こういう事を考えていくと、結婚相談所って言うのが予算的に難しい・敷居が高いって感じている人たちが、まずは何か自分のYouTubeであるとかスマホのゲームをした時に、ぴょこぴょこぴょこぴょこと出てくるようなマッチングアプリにそのまま釣られて登録して、利用していく。こう言うパターンと言うのが、今時多くなっているんじゃないのかなと言う予測が出来てます。
何で今時のマッチングアプリって言うのは、先に言った僕もそうだったんですが、単なる恋人探しの場所ではなくなりつつあるんですね。

「エロい事しに行こうぜ!」みたいな「ワンチャン狙いに行こうぜ!」ではなくて、自分の恋人ね。
あわよくば、結婚相手になるような所までを見据えたそういうものとして利用されるようになりつつあるという事ですね。

(どーでもいい話)ささみりんの嫁友の話

で、最後にね。どうでもいい話なんですけれども、このマッチングアプリがインフラ化してきたなーって、僕が衝撃を受けたどうでもいい話をちょっとさせてもらって、今日は終わろうかなと思うんですけれども。
これは、僕の嫁さんの友達の話なんですね。

で、嫁さんが利いた話によるところなんですけれども。
ささみりんの嫁曰くですね。
この嫁さんの友達関係で調べていったんですよ。

どういう人が、どういうタイミングで結婚していったのか。
まぁ、色んな嫁ネットワークの中で聞いていくんでね。
その中で、実際にマッチングアプリを利用して、結婚した友達って言うのが1組いたんですよね。
この人とは僕も面識があって「あぁ、マッチングアプリで出会ったんですね」みたいな会話をしたことがあります。
凄く普通の女の子だったんですけれども32,3くらいの女の子かな当時。
マッチングアプリで結婚して、男の人もなんか怪しい人じゃなくて、普通に気の良さそうな男の人だったんですよ。
なので、マッチングアプリで結婚する時代って言うのは本当になってきたんだなと言うのを感じました。

また、もう一人の友達は結婚相談所。
たしかその人はオーネットを使ったと思うんですけれども、それを使って辿り着いたっていいのかな?ご縁があってね。
そういう形で結婚したって言う人がいました。

他にはですね。うちの嫁さんの職場ですね。
マッチングアプリを利用している女性社員ですね。
20代ぐらいの人たいばっかりなんですけれども、その子たちは割と複数名このマッチングアプリを利用しているという話を聞いたってのを僕は嫁さんから聞かされたんです。
で、これ僕、割りと衝撃を受けたんですけれども。
今時のマッチングアプリって20代とか30代って言うのは、割りと普通にインフラとして進んで、定着化って言うのが進んできているんじゃないのかなと言う印象を受けてみます。

何故、これからマッチングアプリって言うのは、いわゆる僕ら30代40代とかが知っているような出会い系なんちゃらみたいな、マスコミがよくニュースで騒ぎ立てていたような、そういう時代では、ちょっともう変わっているって言うのを認識を改めてもらってほしいんですよね。

ただ、やっぱりこのマッチングアプリって言うのは素人と素人が何の業者も仲介も合わずに出会う場所になっているので、アプリ上でのトラブルであるとか、抵抗感を持っている人たちがいっぱいいる事も事実なんです。

ここは最後、ちょっとクールダウンとして知っておいてほしいんですけれども。
アフィリエイトとしてやるべきこととは、ここの抵抗感をなくすためのお手伝いをすること。
そして、トラブルに合わないための手段を提供することが、ここがやっぱりアフィリエイトサイトを運営する時にやるべきこととして、ぜひやってほしいなと思います。

で、そういう事をやっていった上で、やっぱりですね。おそらく今後はこのマッチングアプリが婚活手段の一つとして定着化する可能性って言うのが、非常に高いので、それを織り込んだ上で、法人サイトがゴリゴリにやってくるまでの間、まぁ、恐らく2,3年くらいはそのキーワード関連を牛耳るには時間かかると思いますので、それまでの間、僕ら個人アフィリエイターがこの辺りの市場で荒稼ぎしていくって言うのは、一つ方向性としては面白いんじゃないのかなと思って、紹介をさせていただきました。

ちゅうことで、今回はマッチングアプリが面白いというか、今からアフィリエイトするのであれば、マッチングアプリが面白いよ!ってついて話していたら、またタイムが30分越えていますね。
まぁ、マッチングアプリって非常に僕は面白い市場だなぁって思っておりますので、もし、興味が湧いた人は各自でですね。今、案件多いのはA8さんだと思うので、興味があれば調べてみて下さい。

今日、ここまで話してきたマッチングアプリが面白い理由。
最後にザックリもう一度纏めておきますと。

まず、第一に攻略することが出来るキーワード幅。これがとにかく広いという事ですね。
そして、2つ目に紹介したいのは、複数の申し込みへ誘導しやすいというのがあります。
3つ目の紹介したいのが、今後の婚活手段として定番化しやすい可能性を秘めているという事ですね。
何で、今後マッチングアプリの市場って言うのは、単なる恋人探しとか出会い系ではなくて婚活としての需要が生まれていく。
そういう事を考えていると、非常に面白い市場じゃないのかなと思ってます。

なんで、今の時代ですね。カードローンとかクレジットカードとか僕が得意とする金融ジャンルもそうなんですけれど、結構厳しんですよね。
法人アフィリエイター参入しまくってきて場所を荒らしてくるんで。
でも、このマッチングアプリっていうのは、そういうやつらが入ってきたとしてもキーワードの幅が、裾が凄く広いので、他の激戦ジャンルと比較すれば、まだまだ狙えますし、各マッチングアプリがいわゆる戦国時代みたいな感じになっているので、新規登録を促すために結構、アフィリエイターに対しての報酬って言うのを積極的に支払ってくれる市場なんですよね。

これが市場にある程度潤沢になって、こう満たされてくるとアフィリエイター、買い叩かれることになっちゃうんですけれども、今は各業者がシェア率の奪い合いになっているので、アフィリエイターに対して、積極的に広告を払おうとしてくれている傾向はかなりあります。
なので、そうことを考えていてもまだまだ2,3年くらいはこのままマッチングアプリの市場と言うのは狙っていっても面白いんじゃないのかなぁと思います。

特にですね、もうYMYLで戦い続けるってのを疲れました!私もそろそろYMYL以外で、ゴリゴリのSEO勝負がしたいんです!って思っている人ですね。
たぶんアフィリエイト歴が長い人ほど、そういう事を思っていると思うんですけれども。
そういうところでね、ちょっと気持ちが傾いてきたなーって、思ってきた人は是非、ささみサロンに参加した上で、このマッチングアプリの市場参加してくれたら、何か僕も応援できる事あるかなと思いますので、是非チェックしていってください。

と言うわけで、本日のお勧めコーナーに入っていきたいんですけれども。
今日お勧めしたいのはですね。

マッチングアプリの攻略方法。これをちょっと紹介したいなぁと、思いますね。
まぁ、さっきまではですね、マッチングアプリ。こう言う理由があるからお勧めですよと言ったんですけれども。
じゃあ、具体的にどうやって責めたらいいんですかという事について、何一つ説明をしていなかったんで、最後にですね。
このマッチングアプリを攻略する時に、ちょっと大事なポイントがあるのでそれを簡単に纏めたボーナストラックって言うのを用意しております。

この動画ではですね、具体的に何を話していいのかって言うとまずマッチングアプリを攻略する時に、絶対に外す事ができない見込み客の存在があるんです。
ここをちゃんと囲えるかどうか、ここの人たちに気持ちをくすぐるような、ワードを入れる事が出来るか否かって言うのはマッチングアプリを攻略する時に非常に重要になってきます。

その上でなんです。このマッチングアプリとか、出会い系サイトって承認率が低いって言う愚痴をこぼす人がいるんですけれども、そこは多分、見逃せない見込み客を外しちゃってるからなんですね。
こう言う所を考えていくと、何故この承認率が低い人たちがいるのかって言うのをちょっと今回は、解説をしております。

プラスαですね。マッチングアプリで特単を狙っていく方法。
これ、確かにあるんですよ。で、それはどうやって行けばいいのかってのをちょっとヒントにはなるんですけれども、それを少しお話をしております。

こちらの動画なんですけれども、いわゆるマッチングアプリを攻略の時に是非ともここは外すなと言うのがありますので、結構他のですね有名なマッチングサイトの解説サイトでも間違っているサイトいっぱいあるんですよ。
何でそれが間違っているのか。と言うのはこの動画を見れば一発で分かると思います。
それぐらい重要な動画になっておりますので、興味のある人はですね、今すぐこちら動画の概要欄にURLをのっけておりますので、是非チェックしてください。

で、こちらの動画なんですけれども、ささみサロンのメンバー限定で見ることが出来るようになっておりますので、是非ささみサロンに参加をしてくれた思います。

と言うわけでですね。
このささみりんくんは、こんな感じで毎日毎日、ささみサロンではただひたすら動画を収録シェア配信してるっていう、オンラインサロンをやっているんですけれども。
アフィリエイトオンラインサロンとして、ささみサロンって言うのをやっております。

こちらのささみサロンではですね。
フロービジネスからからの脱却っていうものを目指して、皆であーでもないこーでもないと言って、一生懸命頑張っているオンラインサロンになっています。
なので、もしあなたがですね。これから本気で稼げるようになりたい!アフィリエイトで稼げるようになりたい!そう思っている場合はですね。
こちらのささみサロンと言うのは他のオンラインサロンと比較しても凄く真面目で凄くいいコンテンツが詰まっているという事は絶対にお約束する事が出来ますので、是非こちらささみサロンに入って一緒にアフィリエイトの勉強とかSEOの勉強、それと将来ね自分でビジネスをやっていきたいと思っている人たちにとっては、本当に最高の環境を用意して、お待ちしておりますので、是非今すぐ参加をしてくれたらなと思います。

今からアフィリエイトをするのであれば、マッチング市場が非常に面白いですよ。という事についてお話をしました。
もし、この話が良かったなと思っていただけたら、チャンネル登録とグッドボタン、あとささみサロンですね。こちらの参加、是非よろしくお願い致します。
また動画に関する感想やコメントって言うのも是非お待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

それでは、今日はこの辺りで終わりたいと思います。
最後まで聞いていただいてありがとうございました。
ではではー!