このサイトでは安全なサービスのみ紹介しています

パパ活で身バレしない方法は?バレる原因や対策も紹介!

内緒

「彼氏にパパ活バレしない方法派?」

「パパに身バレしたらどうする?」

パパ活に対してバレる強さや罪悪感のある人も多く、このように悩む人も多いですよね。

知り合いへのパパ活バレやパパへの身バレを防ぐためには、工夫が必要です。

本記事では、パパ活で身バレしない方法を紹介します。

パパ活で身バレする原因やリスクについても、あわせて解説します。

パパ活バレを防ぎながら稼ぎたい人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の内容

パパ活で身バレしたらどんなリスクがある?

リスク

パパ活で身バレすると、以下3つのリスクがあります。

  • 周囲との関係が壊れる
  • パパがストーカーになる
  • 相手が既婚者なら訴えられる

身バレしないほうがよい理由につながるため、把握しておきましょう。

周囲との関係が壊れる

パパ活が身内にバレてしまうと、周囲との関係が壊れるリスクがあります。

一般的にパパ活は好ましいものではなく、軽蔑の対象です。

そのため家族に怒られたり、友人に避けられたりする可能性があります。

彼氏がいる場合は、振られるケースも珍しくありません。

学生は周囲との関係が壊れるうえに、退学になるリスクも高いので覚えておきましょう。

パパがストーカーになる

パパに身バレすると、ストーカー化して自宅や学校・職場に来てしまうことも考えられます。

縁を切りたくても連絡を断てず、会えなくなったと伝えても追いかけられるリスクがあるでしょう。

個人情報を使って、「親にバラされたくなかったら大人の関係をしろ」「会社にバラされたくなければ金を払え」と脅迫されるかもしれません。

自分や周りの身を守るためにも、パパへの身バレは防ぐ必要があります。

相手が既婚者なら訴えられる

パパが既婚者の場合、身バレすると不倫として訴えられる可能性があります。

既婚者のパパと食事・デートするだけなら問題はありません。

ただし相手が既婚者と知って大人の関係になると、実態がパパ活であっても不倫です。

不倫をすると、最低でも数十万円、最大300万円程度の慰謝料を請求されるリスクがあります。(参考:アディーレ法律事務所「不倫慰謝料の相場はいくら?増額が見込める6つのケースも解説」

なお既婚者だと知らず、知らなかったことに過失がなければ慰謝料を払わずに済みます。

ただし知らなかったことを証明できなければ、損害を受けてしまう可能性も低くありません。

慰謝料を請求されれば、パパ活で高額を稼いでも無駄になります。

また慰謝料請求を無視すると、裁判になることもあるでしょう。

リスクの高さから、既婚者パパの家族には身バレを防がなければなりません。

パパ活で身バレする原因は?

原因

パパ活で身バレする原因は、主に以下の2点です。

  • 自分で話してしまう
  • 個人情報を見られる

身バレを防ぐためにも、原因を把握しておきましょう。

自分で話してしまう

パパと会っているときに、会話を盛り上げようとしてポロッと自分について話してしまう人は多くいます。

たとえば「最近大学で○○って講義を受けたときね」「○○でバイトしてるときにこんなハプニングが起きたの」など、個人情報を伝えるつもりがなく話してしまうケースは少なくありません。

また一人称が自分の名前だと、クセでふと本名が出てしまうことも。

特に長期的に付き合っているパパとは信頼関係があるので、「うっかり言っても大丈夫」と警戒心を緩めて話してしまう傾向があります。

またパパへの身バレだけでなく、友人や彼氏にパパ活がバレるのも同じ原因です。

人の口に戸は立てられないため、誰か1人に話すと回り回って多くの人にバレてしまいます。

学生証・免許証などを見られる

学生証・免許証から個人情報がバレてしまうのも原因の一つです。

自分では隠しているつもりでも、カバンのなかを整理したときに見られたり、スマホから本名が見えたりする場合があります。

「自分も名刺を見せるから、信頼できるように免許証を見せてほしい」と、本人確認証の提示を求めるパパもいます。

基本的にパパ活中は、個人情報がバレる以下のようなものは持ち歩かない方が無難です。

  • 学生証
  • 社員証
  • 免許証
  • 保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

なお、席を立ったときに荷物を漁って個人情報を見ようとする悪質なパパもいます。

トイレなどで席を外す際は、必ずカバンを持つようにしましょう。

パパへの身バレを防止する方法

身バレを防止する方法

パパへの身バレを防止するためには、以下5点に気をつけましょう。

  • 個人情報を話さないように気をつける
  • パパ活用のプロフィールを設定する
  • 生活エリアでパパ活をしない
  • SNSを見られないようにする
  • お手当は現金でのみ受け取る

トラブルを避けるためにも、すべて確認してください。

個人情報を話さないように気をつける

パパと話しているときに、個人情報を話さないように気をつけましょう。

学校や仕事、友人などの話をしていると、そのまま個人情報についても話してしまう人もいます。

自分に関することはできる限り話さなければ、うっかり情報を漏らす心配はありません。

パパの会話をしっかり聞いて、自分の話にならないように気をつけましょう

また、デートのときに個人情報がわかるものを持ち歩かないのも大切です。

学生証や保険証はもちろん、保険証や免許証を持ってデートに行くのはやめましょう。

パスポートが必要な海外旅行など、ある程度の個人情報を伝える必要がある場合は、信頼関係ができてからにするべきです。

パパ活用のプロフィールを設定する

パパへの身バレを防ぐためには、パパ活用のプロフィールを設定しましょう。

本名・最寄駅・卒業した学校・勤務先・地元など、事細かに嘘の設定を考えておけば、根掘り葉掘り聞かれたときも安心です。

お金を受け取るために嘘をつくと詐欺になりますが、自分の身を守るための嘘なら詐欺にならない可能性が高くなります。

嘘の設定を考える際は、最寄駅を2つ隣の市にする・勤務先の業種を変えるなど、本当の自分と遠くなるようにしておくのがおすすめです。

なお、ウソをつくのが苦手な人や詐欺になるリスクを少しでも低くしたい人は、そもそも個人情報をはぐらかすようにしましょう。

たとえば「駅はどこ?」と聞かれても「西のほうです」など、曖昧に答えるのがおすすめです。

生活エリアでパパ活をしない

家や学校・職場の近くなど、生活エリアではパパ活をしないようにしましょう。

知り合いが多い地域がバレてしまうと、生活エリアを知られることにつながります。

以下のようなエリアは避け、できる限り遠い地域で会うのがおすすめです。

  • 自宅や実家の近く
  • 学校や職場の近く
  • 行きつけのカフェやショッピングモール
  • 友人・彼氏・家族がよく行く店舗やエリア

また自分の生活エリアでパパ活をすると、知り合いにパパと歩いているところを見られるリスクも高くなります。

知り合いがいない地域なら、現場を見られる可能性が低くなるでしょう。

万が一見られても、「そこには行かないから別人だと思う」と誤魔化せます。

SNSを見られないようにする

SNSがバレると個人情報が筒抜けになるので、アカウントを知られないように気をつけましょう。

X(旧:Twitter)・Instagram・TikTok・Facebookなど、プライベートで使っているアカウントがバレると、本名・生活エリア・友人などを知られるリスクが高くなります。

SNSを知られないためには、以下のような対策を取るのがおすすめです。

  • アカウントに鍵をかける
  • プロフィール文に学校やなど個人情報を書かない
  • アカウントの名前は本名やパパから呼ばれている名前にしない
  • パパの前ではSNSアプリを削除する

なお、プライベートアカウントだけでなく、パパ活用のSNSもバレないように注意してください。

パパ活に関する愚痴を投稿したり、パパとの写真を無断で掲載したりすると、パパを怒らせてしまいます。

パパ活用のSNSアカウントがバレて、関係が切れる可能性があるので気をつけましょう。

お手当は現金でのみ受け取る

お手当を現金でのみ受け取るようにすると、トラブルを避けられます。

振り込みの場合、本名を知られてしまいます。

また住んでいるところにある支店で作った口座なら、支店から生活エリアがバレるリスクもあるでしょう。

加えて、「後日振り込むから」と言って安心させるパパも多いため、未払いのリスクも高くなります。

何十万、何百万という高額を提示されても、必ず現金で受け取るのがベストです。

またデート前に受け取れば、支払いから逃げられる心配もいりません。

「信頼したいので、デート前に現金でいただけると嬉しいです」と伝えれば、ほとんどのパパは納得して現金で前払いしてくれるでしょう。

周囲へのパパ活バレを防止する方法

周囲への身バレを防止

友達や彼氏、家族など周囲へのパパ活バレを防止する方法は以下4点です。

  • パパ活をしていることを誰にも話さない
  • 生活レベルを変えない
  • パパ活アプリ上で顔がわかる写真を載せない
  • パパ活アプリならプライベートモードを活用する

パパへの身バレを防ぐ方法とあわせて、実践してみてください。

パパ活をしていることを誰にも話さない

友人であっても、パパ活をしていることを話さないようにしましょう。

人の口に戸は立てられないので、誰か1人にパパ活について話すと広まるリスクが高くなります

誰かがぽろっと言ってしまうだけで徐々に友人間で広まり、最悪の場合は彼氏や家族まで届くので気をつけましょう。

パパ活をしていることはもちろん、パパ活の匂わせにも注意してください。

一見関係のない話をしているように見せても、細かい情報を組み合わせることでパパ活をしていることがバレる可能性があります。

いくら信頼している相手でも、パパ活に関することは一切話さないようにしましょう。

生活レベルを変えない

周囲へのパパ活バレを防止するなら、パパ活をする前から生活レベルを変えないように気をつけてください。

以下のような行動が目立つと、パパ活を疑われます。

  • 急にブランドバッグを持ち始める
  • 高級料理を食べたとSNSに頻繁に投稿する
  • 高額な美容医療を毎月行っている
  • バイトをしていないのに会えなくなった

パパ活でお金が手に入ると、どうしても生活レベルを上げたくなるでしょう。

ただし身バレを防ぐためには、わかりやすく生活レベルを上げるのはよくない一手です。

わかりやすく金遣いが荒くならないように、使い方を工夫しましょう。

ハイブランドを買わずに勉強や美容にお手当を使ったり、高級料理を食べたことや美容施術については秘密にしたりするのがおすすめです。

また工場の夜勤バイトなど、人と会わないバイトを始めたことにすれば、会える頻度が減っても疑われません。

パパ活アプリ上で顔がわかる写真を載せない

パパ活アプリを使っている場合やSNSのパパ活用アカウントでは、顔がわかる写真を載せないようにしましょう。

周囲の人がパパ活をしていたり、偶然SNSで投稿が流れてきたりしたときに、パパ活がバレてしまいます。

パパ活アプリでは顔写真がない人も多いため、写真がなくても十分に顔合わせができるので安心してください。

少しでもパパ活を有利にするためにどうしても顔写真を使いたい人は、以下のような工夫をするのがおすすめです。

  • 顔半分を隠す
  • 加工する
  • ウィッグやメガネなどの小物を使う
  • 横顔や後ろ姿にする

またプライベート用のSNSに載せた写真や、友人・彼氏と撮った写真を使うと身バレしやすくなるので気をつけましょう。

パパ活アプリならプライベートモードを活用する

パパ活アプリを使っている人は、プライベートモードの活用も検討しましょう。

プライベートモードはシークレットモードとも呼ばれる、不特定多数にプロフィールを表示させない機能です。

「いいな」と思った相手にだけプロフィールを表示できるので、知り合いが検索しても自分が出なくなります。

身バレを防げる分、顔写真もある程度出せるようになるため、パパから気に入られる可能性も高められるでしょう。

ほかのパパ活アプリで出会ったパパに、プロフィールを見られるリスクが減らせるのも魅力です。

ただし、すべてのパパ活アプリにプライベートモードがあるわけではありません。

プライベートモードを活用したい人は、登録する前に機能の有無をチェックしましょう。

身バレを防げるパパ活アプリ・サイト8選

スマホを持つ女性

身バレを防ぐ方法は、プライベートモードの活用や顔出しをせずにパパと出会うことです。

以下のようなパパ活アプリ・サイトを利用すれば、手軽に身バレを防げます

アプリ・サイトによって機能が異なるため、自分に合うものを探してみましょう。

1位:Paddy(パディ)

オープン年 2017年
会員数 40万人
対応エリア 全国
男性年齢層 30〜60代
女性年齢層 20〜40代
特徴 毎日10,000組のペアが出会っている
運営会社 株式会社オスリー

Paddy(パディ)は写真登録が必須でないので、顔出しをしなくてもパパ活できます。

100万ダウンロードを達成しているほどユーザー数が多いため、プロフィール写真なしでも顔合わせを設定できるでしょう。

さらにシークレットモードがあるので、知り合いにバレずに利用できます。

24時間365日の監視体制や個人情報保護の強化など、安心・安全に配慮しているのも魅力です。

身バレを防ぎながら相性のよいパパを探したい人は、Paddy(パディ)に登録してみてください。

\1日の概算マッチング数は最大25,000組/

男性|Paddyを無料で試す

\シークレットモードで誰にもバレず使える/

女性|Paddyを完全無料で試す

paddy67(パディ67)の口コミ・評判は実際どう?Paddyでパパ活を実践した人の体験談から解説!
男性利用料金 10,800円〜/月額
支払い方法 クレジットカード決済・デビッドカード決済・App store決済・GooglePlay決済

Paddy(パディ)の口コミ

2位:Love&(ラブアン)

オープン年 2019年
会員数 70万人
対応エリア 全国
男性年齢層 30〜50代前半
女性年齢層 20〜30代前半
特徴 ・オンライン顔合わせ機能
・プロフィールへの動画掲載
運営会社 株式会社Blueborn

Love&(ラブアン)はシークレット機能があるので、身バレせずに利用できるパパ活サイトです。

オンライン顔合わせ機能を使えば、知り合いにパパ活している現場を見られる心配がなくなります。

さらに通報された回数・メッセージ人数などをチェックできるため、事前に個人情報を探ってきそうな危険な人物も避けられるでしょう。

安全に配慮しながらさまざまな機能を使いたい人は、Love&(ラブアン)に登録してみてはいかがでしょうか。

\マッチングサービス部門3冠達成/

ラブアンを無料で始める

男性利用料金 3,233円〜/月額
支払い方法 クレジットカード決済・銀行振込・ビットキャッシュ

Love&(ラブアン)の口コミ

3位:Pappy(パピー)

オープン年 2023年
会員数 2万人
対応エリア 全国
男性年齢層 40〜60代
女性年齢層 20〜30代
特徴 ・デート内容・会うまでの希望をプロフィールに記載
・専任スタッフによる監視体制
運営会社 プロスゲイト株式会社

Pappy(パピー)は、シークレットモードがあるため、不特定多数にプロフィールを見られずに済みます。

利用はブラウザからのみなので、アプリや通知からパパ活がバレる心配もありません

登録時に実名不要・専任スタッフによる監視体制など、セキュリティ対策も充実しています。

身バレが防げる、誰でも使いやすいパパ活サイトを探している人には、Pappy(パピー)がおすすめです。

\2023年4月にリリースの新サービス!/

男性|Pappyを無料で始める

\実名不要で身バレの心配なし!/

女性|Pappyを無料で始める

男性利用料金 6,800円〜/月額
支払い方法 クレジットカード決済・AppleID決済・GooglePlay決済

Pappy(パピー)の口コミ

プライベートモードがあるから、身バレを防げます!
1回だけ知り合いのおじを検索で見つけたことあるので、必須の機能だと思いました。

4位:paters(ペイターズ)

オープン年 2017年
会員数 150万人以上
対応エリア 全国
男性年齢層 30〜50代
女性年齢層 20〜40代前半
特徴 ・目的別にマッチングできる
・当日・翌日に出逢える相手を探せる
運営会社 株式会社paters

paters(ペイターズ)は身バレを防止できる機能が豊富にある、パパ活アプリです。

  • プライベートモード:不特定多数にプロフィールを表示しない
  • ホームアイコン変更:アプリの見た目を変更できる
  • ライブ配信機能:自宅でパパ活できるから現場を見られない
  • 画面撮影禁止:顔写真のスクリーンショットを防げる

さらにユーザーのログイン頻度・違反度などもチェックできるため、事前に悪質なパパか判断できます。

身バレする確率を低くしたい人は、paters(ペイターズ)に登録してみてください。

\会員数170万人突破の人気アプリ/

ペイターズを無料で試す

ペイターズ(paters)の口コミ・評判は悪い?300件調査して分かった特徴を紹介!
男性利用料金 12,000円〜/月額
支払い方法 クレジットカード決済・App store決済・GooglePlay決済

paters(ペイターズ)の口コミ

5位:SugarDaddy(シュガーダディ)

オープン年 2015年
会員数 100万人以上
男性年齢層 30〜50代
女性年齢層 18歳〜30代
特徴 ・パパ活サイトの中では最も歴史が長い
・パパの年収証明機能
運営会社 シナプスコンサルティング株式会社

SugarDaddy(シュガーダディ)は、ブラウザ利用に限定したパパ活サイトです。

アプリがないので、通知やスマホの画面から身バレするのを防げます

さらに許可した人にしか写真を見せないシークレットモード機能を使えば、知り合いでない人に対してだけプロフィール写真の表示が可能です。

なお、シークレットモードを搭載しているのは男性限定になります。

人気のパパ活サイトで身バレを防ぎたい人は、SugarDaddy(シュガーダディ)がおすすめです。

\公安委員会に届出済の安心サービス/

シュガーダディーを無料で始める

シュガーダディ(Sugar Daddy)の口コミ・評判を調査!実体験を元に解説!
男性利用料金 5,980円〜/月額
支払い方法 クレジットカード決済・銀行振込・ビットキャッシュ

SugarDaddy(シュガーダディ)の口コミ

6位:aima(アイマ)

aima

オープン年 2019年
会員数 100,000人
対応エリア 全国
男性年齢層 30〜40代
女性年齢層 20代
給与(時給) 【★】1,400円
【★★】2,100円
【★★★】3,500円
【延長料金】延長分の時給が1.3倍
【指名料金】2,000円
【深夜手当(0〜5時利用)】4,000円
特徴 ・案件数が豊富
・面接なしで在籍できる
運営会社 株式会社ゲート

aima(アイマ)は全国で利用できる、大手ギャラ飲みサイトです。

プロフィール上に本名や顔出しが必須ではないため、身バレを防ぎながら活動できます。

登録時に本人確認証は提出しなければなりませんが、必要な項目以外は塗りつぶせるのも嬉しいポイント。

個人情報が漏れるリスクを抑えられるので、安心して活動を始められます。

大人数のギャラ飲みだけでなく、パパ活のように1対1で飲めるのも魅力です。

身バレを防げる面接不要のギャラ飲みサイトなら、aima(アイマ)をチェックしてみてください。

\最短30分後に合流可能!/

男性はこちら|aimaを無料で始める

\1日で20万以上の実績あり!/

女性はこちら|aimaを無料で始める

aima(アイマ)のギャラ飲み口コミ・評判は良い?悪い?実際に使っ徹底調査!
男性利用料金 【★】1,650円/30分
【★★】1,980円/30分
【★★★】3,300円/30分【★】1,400円
支払い方法 銀行振込・クレジットカード決済

aima(アイマ)の口コミ

7位:glass(グラス)

glass

オープン年 2021年
会員数 非公開
対応エリア 北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・福岡・沖縄
男性年齢層 不明
女性年齢層 20〜30代
給与(時給) 【スタンダード】4,400円
【VIP】8,500円
【ロイヤルVIP】11,000円
【延長料金】延長分の時給が1.3倍
【指名料金】1,500円
【深夜手当(0〜6時利用)】3,200円
特徴 ・LINEを使った24時間サポートを受けられる
・ゴルフ・カラオケなどシチュエーションごとに多様な使い方ができる
運営会社 株式会社G

glass(グラス)は、高時給が魅力のギャラ飲みサイトです。

顔出しなしで登録できるため、しっかり身バレを防げます。

身バレを防ぎつつ男性とのマッチングを増やしたい場合は、顔半分を隠したり顔を隠した全身写真を使ったりしてOK

面接がありますが、LINEビデオで行われるので、外で面接中の様子を見られずに済みます

時給で安定して高額を稼ぎたい人は、glass(グラス)に登録してみてはいかがでしょうか。

\今だけ5000円分クーポン/

男性はこちら|glassを無料で始める

\今日からお仕事スタート/

女性はこちら|glassを無料で始める

glass(グラス)のギャラ飲みの口コミは悪い?利用者側・稼ぐ側の両方から解説!
男性利用料金 【スタンダードクラス】6,600円/1時間
【VIPクラス】11,400円/1時間
【VVIPクラス】18,000円/1時間
支払い方法 クレジットカード決済

glass(グラス)の口コミ

glassは地方でも使えるので、重宝しています。
面接に合格しなければなりませんが、その分時給が高いので大満足です。

8位:ワクワクメール

オープン年 2011年
登録者数 900万人以上
対応エリア 全国
男性年齢層 20~40代
女性年齢層 20〜30代
特徴 ・パパ活が禁止されていない出会い系サイト
・会員数が多いため、パパと出会いやすい
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ

ワクワクメールはパパ活の利用もできる、出会い系サイトです。

Facebook登録を選べば、Facebook上の友だちへプロフィールが表示されなくなるため、簡単に身バレを防げます。

顔写真をもとに似顔絵を作成してくれるワクワクフェイス機能も、身バレ防止に便利です。

またワクワクメールは業者もいるため、万が一知り合いにバレても「写真が悪用された」と言い訳しやすいでしょう。

ユーザー数の多さと身バレの防ぎやすさを両立したい人は、ワクワクメールに登録してみてはいかがでしょうか。

\日本最大級の出会いマッチングサービス/

ワクワクメールを無料で試す

男性利用料金 ポイント制/メール1通50円
支払い方法 クレジットカード決済・銀行振込・ビットキャッシュ・コンビニ払い・Apple公式課金

ワクワクメールの口コミ

パパに身バレしたときの対策

スマホを触る女性

万が一パパに身バレしたときは、以下のような対策をとりましょう

  • パパの様子をチェックする
  • 嫌がらせやストーカーをされたら警察へ相談する
  • パパとのコンタクトをやめる

自分の身を守るためにも、事前に確認してください。

パパの様子をチェックする

パパに身バレしたら、まずは悪用していないか様子見しましょう。

常識がある紳士的なパパなら、個人情報を知っても利用せず、今まで通り接してくれます。

嫌がらせやストーカーをされなければ、そのままパパ活を続けても問題ありません。

ただし紳士的なパパであっても、自分の身を守れるように自衛を続けるのはマストです。

嫌がらせやストーカーをされたら警察へ相談する

身バレが原因で嫌がらせやストーカーをされたら、すぐに警察へ相談しましょう。

実害がなければ警察は動いてくれませんが、事前に警察へ相談しておけば、実害を受けたときもスムーズに話が進みます。

「警察にパパ活のことを言いたくない」と思うかもしれませんが、これまでの日常を大切にするなら警察へ頼るのがベストです。

パパとのコンタクトをやめる

パパに個人情報がバレたら、コンタクトを取らないのも選択肢のひとつです。

LINEやカカオトークなどの連絡先を消去し、可能であればパパ活アプリ・サイトも変えましょう。

ただしパパも他のパパ活アプリ・サイトに登録している可能性があるため、事前にブロックまたはプライベートモードを使用するといった対策が必要です。

なお、パパが既婚者で家族に慰謝料を請求されたときは、パパには連絡せず、弁護士に相談してください。

周囲に身バレしたときの対策

泣く女性

友人・彼氏・家族など、周囲の人にパパ活がバレたときの対策は以下の3点です。

  • 証拠がなければシラを切る
  • 正直に話してパパ活自体をやめる
  • やめたと嘘をつき、頃合いを見て再開する

身バレしたときにすぐ対応できるように、覚えておきましょう。

証拠がなければシラを切る

家族・彼氏・友人にパパ活がバレても、証拠がなければシラを切り通すのもよいでしょう。

「そんなわけないじゃん」と笑い飛ばせば、信じてもらえる可能性があります。

証拠がない場合は、自分が認めなければ相手も追求できません

噂になってもしっかり否定して堂々とした態度で過ごせば、周囲の人は自分を信じてくれます。

正直に話してパパ活自体をやめる

パパ活していたことを正直に話して、身バレを機にパパ活自体をやめるのもおすすめの対処法です。

彼氏にバレた場合、始めた理由を話し、誠心誠意謝ってパパ活をやめれば許してもらえる可能性があります。

家族にバレたとき、理由次第では支援してもらえることも少なくありません。

証拠があるときは嘘をつくと関係性が悪化するので、誠実な対応をしましょう。

やめたと嘘をつき、頃合いを見て再開する

お金が必要でどうしてもパパ活をやめられない人は、やめたと嘘をついて続けることも選択肢のひとつです。

パパ活は理解されにくいため、説得するより嘘をついたほうがよいでしょう。

しっかりと謝って許してもらったうえで、以前よりバレないような対策をするのが重要です。

すぐに再開するとバレやすいので、頃合いを見て慎重に再開しましょう。

パパ活用のスマホを増やしたり、知り合いの前でパパと連絡をしないようにしたりするとバレにくくなります。

身バレを防ぎながらパパ活するならアプリ・サイトを使おう

スマホを持つ女性

パパ活ではパパに個人情報がバレたり、知り合いにパパ活がバレたりする身バレの可能性があります。

身バレを防ぐためには、会話に気を遣ったり生活を工夫したりするのが重要です。

パパ活アプリ・サイトによっては身バレを防ぐ機能があるので、活用するのがおすすめ!

本記事でピックアップしたパパ活アプリ・サイトは、すべて身バレを防ぎやすいものです。

紹介したアプリ・サイトや対策方法を参考に、パパ活を始めてみてください。

ラブマッチ
Average rating:  
 0 reviews